非硬化ステンレス鋼球とは

非硬化ステンレス鋼球は、オーステナイト系ステンレス鋼(SUS304・316)を使用しています。SUS304(クロム18パーセント・ニッケル8パーセント)は代表鋼種で、耐食性・耐熱性・加工性に優れています。更に高温・低温における特徴も優秀です。

熱伝導率の低さを利用したマグカップや魔法瓶などの家庭用品や建築金物という身近なものから、自動車の部品・天然ガスのタンクや化学プラントなどの化学工業などまで幅広く使われており、ステンレスとして使用されている物の多くはオーステナイト系です。

また加工の方法次第で特徴も変わり、加工硬化性がありバネ等に使われる使用されるSUS301、高強度で刃物などに使われるSUS302、また非磁性ステンレス鋼であるSUS305は医療器具や通信機部分などで使用されています。また高級耐酸化鋼で燃焼室部分などに使われるSUS309Sなど種類も豊富です。とりわけSUS316は、モリブデンがSUS304に加わったことで、海水などへの耐食性が向上しています。船舶部品や配管部材、海水ポンプ等に使用されています。

そのような鋼から作られた非硬化ステンレス鋼球は、非磁性で耐食性がよくSUS316は特に耐酸性に優れているために、バルブや、耐薬品性部品等に使用されています。愛媛県行ってみない?